2011年08月24日

【定例会】8月の定例会は27日(土)AS心斎橋18:00〜

8月の定例会はAppleStore 心斎橋様の2階シアターをお借りして
  8/27(土)夕方 6時からの開始を予定しています。
※入場料・会場使用料などの参加費は不要です。
(二次会に参加される場合は、別途費用がかかります)

事前登録は必要ありませんので、お買い物ついでにお立ち寄りください♪
なお、座席数には限りがありますので、満席の際は立ち見となりますのでご了承ください。

【みちゃいし】

※MUGNETメンバー専用メーリングリストが現在停止しています、そのためML登録いただいているみなさんには直接の告知ができない状態です。 10月にはML復旧の方向で進められていますのでご理解をいただきますようお願いいたします。 

2011年8月24日 山村和久
posted by munget管理 at 00:47| 予定告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

2011年7月定例ミーティング報告

7/28(木)19:00〜21:00
大阪市営地下鉄 本町駅の24番出口から、歩いて3分ほどにあるUST.カフェ大阪様にて開催。
USTカフェ大阪-300x224.jpg

今回初めての利用場所でしたが10分押しで開始。
参加費が1,000円かかりましたが、ドリンク2杯分のチケット付きなので、元は取れたかと。
(元を取るという考え方では良くないけどw)

今回はUST.カフェでの定例会ということもあり、Ustream配信も行っていたのですが、
Apple NOIRのDark局長さんにご協力いただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。


========================================

【TOP 10 News】(10個じゃないですがw)

・いよいよgoogle+1 始動
TechCrunchジャパンの記事))
googleの「+1 ボタン」が、一部のWebサイトで設置されています。
+1ボタン-300x186.jpg
Facebookの「いいね!」やmixiの「チェック」と同じようなもの?
「ユーザーが役に立ったと考えるコンテンツをワンクリックで友だちや連絡相手に推薦するというソーシャル機能」だそうです。


・iPhone版のiWork発売
ITmediaエンタープライズの記事
iWorkがiPad、iPad 2に加え、iPhone 3Gおよび4、第3世代、第4世代のiPod touchで利用できるようになりました。
すでにiPad版を持っている方は、無償でiPhoneやiPod touchでも利用可能。


・Apple新キャンパス建設計画を説明
マイコミジャーナルの記事
まるで宇宙船が着陸したかのような外観。(リンク先の記事参照
2012年後半に市議会が最終的な判断を下すことになるそうですが、市議の反応は良好とのこと。
まぁ、反対する理由もないでしょうなぁ。


・WWDC2011が開催
GIZMODOジャパンの記事
6月MUGNET定例会の3日後、6/7 午前2時(日本時間)に開催されました。
6/19にAppleStore心斎橋にて魚井センセのWWDC2011レポートがありましたが、簡単に感想など。


・iCloudで一体何ができるのか?
Gigazineの記事
WWDCでは噂されていた新型iPhone関係の話は無く、「iCloud」なるものが発表。
(事前に色々と情報が出てましたがw)


・SIM ロックフリーの iPhone 4 を米国で発売
engadget 日本版の記事
WWDCでは発表はありませんでしたが、SIMロックフリー版のiPhone4がアメリカのAppleオンラインストアで購入可能に。
お値段は649ドルから。やっぱりというか、日本での発売は未定。


・LionにはSafariしか起動しないモードが
GIZMODOジャパンの記事
Mac OS X Lionのログイン画面には「Restart to Safari」なるオプションが用意されているそうです。
Safariのみ起動して、Macの中身(ファイルやアプリなど)にはアクセスができないモードとのこと。
「任意のWebブラウザ」ではなく、「Safariだけ」というところがネックかも。


・「Final Cut Pro X」が発売
マイコミジャーナルの記事
パッケージ版は用意されず、Mac App Storeでの販売。
販売当初の価格は35,000円でしたが、7月14日以降の価格変更により、26,000円に値下げ。
「35,000円で買いましたが、損した感はありません」(松尾さん・談)


・Final Cut Pro X のFAQが公開されました
engadget 日本版の記事
「Final Cut Pro 7でできたことがFinal Cut Pro Xでもできるの?」といったような、特に前のバージョンを使っていた方向けのFAQ集。
http://www.apple.com/jp/finalcutpro/faq/


・アップル純正 Thunderboltケーブルの中身
engadget 日本版の記事
4,800円と高価なだけあって ただのケーブルではなく、中にICチップが入っていて信号を制御してました。


・Apple、MicrosoftらがNortel特許を45億ドルで落札――Googleは敗退
ITmediaニュースの記事
2009年に破産保護を申請したカナダの通信機器メーカーNortel Networks社の特許を巡って、
Apple・Microsoftらの連合軍 vs Googleという図式。
これによって、Androidケータイの行く末が気になります。。。


・アップル、OS X Lionの販売を開始 – Mac App Storeで2,600円
マイコミジャーナルの記事
当面はオンライン販売のみですが、8月後半からUSBメモリ版の販売も行われるとのこと。


・店舗まるごと偽物の「偽アップルストア」、中国に出現
engadget 日本版の記事
堂々とパクってますw
続報によると、「5店摘発、2店舗は閉鎖」とのこと。
閉鎖された理由は「そもそも営業許可を取っていなかった」からだそうで、Appleの商標権を侵害したからではないそうです。
店構えはパクってますが、置いている商品はホンモノとのこと。
店員さんも自分がアップルストアの店員だと思っていたそうで(笑)



・”Sandy Bridge”、Thunderbolt搭載の新型 MacBook Air 発表
マイコミジャーナルの記事
このレビュー記事を見ると、かなりコストパフォーマンスが高いです。



★ 山村さんのLion小話
早速、Lionを購入された山村さんのお話。
BootCamp環境にインストールすると上手くいかないことがあって大変らしいです。
というのも、Lionをインストール時にリカバリ用のパーティションが自動的に作成されてしまい、
ブートローダーが最初に設定してた「●番目のパーティションのOSを起動する」という順序にズレが発生するためだとか。
この問題は、Parallels Desktop などの仮想マシンについても発生するとのこと。
→こちらについては、RUNEXY社のサイトに対処方法が載っています。



★ 哲さんの 「マウス(とか)について語ろう」
MUGNET宴会部長の哲さんによる、これまで使ってきたマウス(とか)の歴史。
いわゆるポインティング・デバイスについてのお話。
最初に使ったワークステーションJ-Starのマウスから始まって、初めて買ったMicrosoftのマウス以下、
いわゆる”ナス型”のマウスが至高とのこと。(使用感には個人差があります)
ms_mouse.jpg

中でも思い入れがあるのが、Microsoft InteliMouse Explorerだそうです。
Microsoft-InteliMouse-Explorer-150x150.jpg

逆にダメなのは、IBMスクロールポイントマウス、MicroSoftトラックボール。
「厚みがない、コロコロが詰まる」というのが理由で、Apple MagicMouseもダメだそうです。

また、Microsoft Matural Wireless Laser Mouse 6000のように
「こうやって持ってください」と指示されるようなマウスもダメだそうです。
Microsoft-Matural-Wireless-Laser-Mouse-6000-150x150.jpg

今 使ってるのは、Microsoft Explorer Mini Mouseですが、
残念ながらディスコン(製造終了)製品になってしまったとのこと。
Microsoft-Explorer-Mini-Mouse-150x150.jpg

新しいもので言えば、Microsoft Comfort Mouse 3000をプッシュ。
形こそ従来のナス型ですが、光学式に代わるBlueTrack テクノロジを採用。
この「BlueTrack テクノロジ」に関しては、専用のサイトもあります。→BlueTrack Town
Microsoft-Comfort-Mouse-3000-150x150.jpg

次に買いたいのはMicrosoft Explorer Touch Mouseとのこと。
「マウスに付いたパネル(タッチ スクロール ストリップ)を指でなぞることで、上下左右のスクロール操作や高速スクロール操作が可能。
また、振動と音によるフィードバックがあり、まるで従来のホイール操作をしているような感覚」だそうです。
2011年9月2日の発売当日には入手する予定だとか。
Microsoft-Explorer-Touch-Mouse-150x150.jpg


マウスだけでなく、マウスパッドにもコダワリましょう!(笑)・・・ってことで、
パワーサポートの究極セットIIIを。
下に敷くマウスパッドと、マウス底面に貼るソールのセットで抜群の滑り心地。
究極セットIII.jpg

ちなみに、哲さんが現在 使っているのは、ナチューラ ヌメ革マウスパッド
使えば使うほどに味わい深くなる逸品。
ナチューラ-ヌメ革マウスパッド-299x269.jpg


そういえば、Windows版ソフトですが「チューチューマウス」なんてものもありましたなぁ。
ダイアログの[OK]ボタンなどにマウスカーソルを自動的に移動させるユーティリティソフト。
パスワードの「*」部分が丸見えになったりも。

Mac版のシェアウェアでは「SteerMouse(ステアーマウス)」というユーティリティも。


★─ まとめ ─ 哲さんのオススメは?★
実際にお店で触りましょう。ただ、マイクロソフトのハードウェア製品は秀逸。
実際、マウスやキーボードは”筆記用具”と同じ。
カタログのスペックだけでなく、実際に手にとって自分の手に合ったものを選ぶと良いでしょう。



★ アプリ紹介
以下の3つはセットで。
・TapStream Swich
iPadまたはiPhoneで映像を切り替えてライブ配信可能なアプリ。
iPadなら最大9台、iPhoneなら4台まで同時に管理が可能。

・TapStream Cam
TapStream Swichと連携して使用するカメラアプリ。
これで撮った映像を他のiPadやiPhone、Macに送信します。

・TapStream Driver
上記のTapStream SwichやTapStream Camから送られてきた映像をMacで受け取り、カメラとマイクとして見せることのできるMac用ドライバソフト。


こちらもUst関係のアプリ。
・CamTwist
動画配信にエフェクトをかける無料アプリ CamTwistがバージョンアップ。
動画を流し終わったら自動でカメラに戻したりできるのが便利。



【イベント情報】
◇ iPhone CUG 15th Meeting 0730 広島
今回のMUGNET定例会にご協力いただいたDark局長が相談役を務めるiCUG(iPhone Creative User Group Japan)の定例ミーティングが7/30に行われました。
その時の模様が、USTREAMの「iCUG CHANNEL」にてアーカイブにて視聴可能です。



【次回の予定】
◇ 次回の定例会はAppleStore 心斎橋様の2階シアターをお借りして
  8/27(土)18 時からの開始を予定しています。
※入場料・会場使用料などの参加費は不要です。
(二次会に参加される場合は、別途費用がかかります)

◇ 初参加の方
3名の方が初参加。
遠くは岐阜からお越しいただきました。

◇ 二次会
本町駅前の「手羽先居酒屋 手羽一郎」にて。(このネーミングは、いいのか?w)
一人2500円でした。
手羽一郎JPG-224x300.jpg

手羽-224x300.jpg

8月から無期限の夏休みに入る
【みちゃいし】(ふう・・・)
posted by munget管理 at 19:16| 定例会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする